« コンピュータ誤動作について経済産業省の調査 | トップページ |   電気式浴室換気乾燥暖房機原因の火災 »

2006年6月28日 (水)

鉱山用エレベーター事故原因と対策

 「鉱山用エレベータの電気安全設計」指針で米国オハイオ州の炭鉱で起きたエレベータ事故ならびに他の深刻な事故の原因は安全性確保を司る制御系に帰すると結論している。広範囲にわたるテストや研究の結果、電気制御設計に欠陥があることが明らかとなったとも述べている。 

 設計指針のひとつは、制御にマイクロプロセッサやPLCを用いる場合、実配線の安全回路でバックアップせよ。 とくにブレーキを緩める回路(ここにドア開閉表示スイッチなどが入る)は電磁リレー回路を用いることと書かれている。ただ、当該事故の原因の具体的な部位についての記述はないので事故のエレベータの制御回路やブレーキ緩め回路が電子化されていたかどうかは不明である。

 東京竹芝のエレベータ事故の原因は報道によると、ブレーキの利きが悪かったともいわれているが、一般的に独立系の保守会社であれば制御系はともかく最重要のブレーキは得意分野と思われるのでどうかなとも思う。 残る現象はブレーキを緩める信号を制御系が誤発信したか、ブレーキ緩めコイルに電流を供給する半導体回路が条件に関係なく何かのきっかけで電流を発生させたかいづれも荒唐無稽な推定の域を出ない。

 竹芝のマンションのエレベータは運転しているのかどうか、もし停止しているのなら住民の方々にとっては不自由この上ない状態とお察しします。 原因が早く究明され対策が講じられることを願うばかりです。

 早期解決が難しい場合、問題のエレベータのブレーキの整備を十分したうえで、不気味な制御回路に米国の指針が言うように従来方式の安全回路を仮に付加して運転再開するなどの方法はないのかと思う。 

 過去まったくエレベータの技術に縁のなかった者見当はづれのメモ書きとなってしまった。

 また、米国の事故は1994年のこと、技術の進歩の速い今、上記指針は時代に適合しているのかどうか。

  上記技術指針の原題は下記で、Googleで即検索できる。

「Safe Electrical Design of Mine Elevator Control Systems」

  

|

« コンピュータ誤動作について経済産業省の調査 | トップページ |   電気式浴室換気乾燥暖房機原因の火災 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/2417140

この記事へのトラックバック一覧です: 鉱山用エレベーター事故原因と対策:

« コンピュータ誤動作について経済産業省の調査 | トップページ |   電気式浴室換気乾燥暖房機原因の火災 »